ストレス発散方法

ストレスはイライラするだけとは限らない

ストレスと聞くと頭痛を伴うほどのイライラを感じたり、あらゆる物に当たり散らすヒステリックな状態を引き起こすイメージがあります。一般的なストレスは不快感をもたらしますが、中には不快に感じない、本人がストレスをため込んでいることに気づいていないこともあります。不快に感じないストレスとは逃避の一種であり、不快に感じそうになると無意識のうちにそれが当たり前のことであると曲解する状態です。決して事態を受け入れて前向きに接するのではなく、不平不満から一時的に目をそらしているに過ぎません。そのようなストレスは自分でも気づかないうちに大量にため込んでしまうので、ある日突然、重大な心身の不調を引き起こすことがあります。

ストレス発散は原因とは無関係な事柄で行うのが効果的

ストレス発散には様々な方法がありますが、中でもストレスの原因に関係がある事柄に対して攻撃的に接する方法は自然発生的に行うのが特徴です。暴力を振るったり破損させるなど、力任せに接することで衝動的な感情を発散させるように見えますが、実際は代替行為でしかなく、根本的な解消には至っていません。ストレスを効果的に発散するには原因とは全く関係の無い事柄を選び、攻撃的ではない方法で接するのが良い方法とされています。怒りや憎しみを放出して暴れるのではなく、心身をリラックスさせた状態で静かに過ごす方がストレスを発散させる効果が高いとされています。特に体力が低下している中高年の人は激しく動き回ると体への負担が大きくなるので、ストレスを感じたら深呼吸をして安静な状態を保つのが無難な対処法です。