精神科と心療内科の違い

精神科ってどんなところ?

精神科はメンタルな問題を治療する場所です。不眠や意欲減退、不安や喪失感、憂鬱な気分など自分ではどうしようもないメンタルな問題を抱えている人が受診します。病気かどうかはわからないけど一度診断してもらいたいという人も受診することができます。しかし、あくまで病院であるため人生相談や悩み相談を行うことはできません。もちろん治療の一環で助言を行っていただくことはできますが、それは病気の診断があった後の治療が目的だという事を忘れてはいけません。基本的には薬物療法と生活療法や曽於の他の精神療法を併用しながら治療は行われます。そのため話を聞くだけ、また話を聞いて助言を行うだけなどの相談員のような治療は行われませんので注意してください。

精神科と心療内科の違いは?

精神科も心療内科もメンタルな問題に対して治療を行う事には変わりはないです。一番の大きな違いは精神科はメンタルが原因となり現れてくる症状もメンタルに関わることですが、心療内科の場合はメンタルが原因となり現れてくる症状は身体の不調であるという違いがあります。そのためストレスで体調を壊した、ストレス性胃潰瘍を発症したなどの場合は心療内科に受診する必要があります。また、うつ病やアルコール依存症、薬物依存症などの場合はメンタル面での症状となりますので精神科に受診するということになるのです。近くにどちらの病院もあるのであれば症状に合わせて通院することができます。しかし、現状では心療内科専門医の数が少ないため身体に不調がある場合でも精神科に通院するケースもあります。